1分でわかる肺がんの症状

肺がんの原因

肺がんの原因はやはり煙草?

肺がんの原因には様々な説が言われていますが、じつは「がん」発生のメカニズムははっきりとは解明はされていません。

未だ解明されていないといっても一番の原因と考えられているのはやはり喫煙です。たばこを多く吸う人ほど肺がんのリスクは高くなると言われています。

たばこを吸う程度を表す「喫煙指数」という言葉をご存知でしょうか?
 
スポンサードリンク

肺がん,原因1日の喫煙本数×喫煙年数が600以上だと肺がんのリスクが、かなり高くなると言われています。例えば、1日1箱(20本)を30年間でちょうど600本になります。

非喫煙者でも家族に喫煙者がいれば、副流煙を受動喫煙という形でフィルターを通さない高濃度の発がん性物質(ニコチン・タール)を吸ってしまうことになるのです。

最近ではこの副流煙による健康への被害が懸念され分煙がすすめられてきています。
 

肺がんの様々な原因

肺がんの原因としてよく聞くのは喫煙ですが、研究によって他にもいくつかの原因が確認されています。

例えば、女性ホルモンや化学物、さらには免疫力を下げるという意味でストレスが肺がんと深く関係していると言われています。

エストロゲン
近年、女性ホルモン(エストロゲン)が肺がん(特に肺腺がん)に深く関わっていると報告されています。
月経期間の長い女性(初潮から閉経までの期間が長かった人)や、エストロゲン補充治療を受けた女性に肺腺がんの発症リスクの可能性が高いという報告されています。


遺伝
がん細胞とは、遺伝子に傷が付き蓄積することで発生しているという説があります。家系にがん患者が多い場合には遺伝子の傷を修復しにくい体質を受け継いでいる可能性はあります。
しかし、最近の研究では「がん」自体が遺伝するのではなく、家族の体質に加えて生活習慣や食習慣が似てくることが「がん家系」の大きな要因になると言われています。


化学物質
特殊な職業などの関係でアスベストやアルミニウムやクロム、ヒ素などが肺がんの原因になることは広く知られています。


ダニやカビ
大気汚染やダニやカビが肺がんの原因という説もありますが、はっきりした証明はされていません。

 

スポンサードリンク