1分でわかる肺がんの症状

肺がんの転移

転移とは「がん細胞」が血液やリンパ液によって、別の臓器に移動して成長する状態を指します。

肺がんは、酸素を血液によって全身に送る役割があるため、転移がしやすい「がん」と言われています。とくに小細胞肺がんは、初期の段階から転移が見られる傾向にあります。

肺がんの特性として、に転移しやすく、進行がんで治療が困難なケースでは緩和治療が中心に行われます。
 

肺がんの脳への転移

肺がん,脳転移肺がんを発症すると脳の硬膜に転移することが多く、痙攣や麻痺、感覚障害、めまい、頭痛などの症状が現れます。

また、脳の転移した場所によっては、記憶障害や、人格の変化などの症状が起こることもあります。

中でも小細胞肺がんでは、転移しやすい髄液に転移が見られると、手足のしびれ、腰痛、背中の痛みの症状が現れます。

脳に転移が発見された場合、主な治療法として放射線療法が挙げられますが、場合によって手術が適応されることもあります。
 
スポンサードリンク

肺がんの骨への転移

肺がんを発症すると骨へ転移する可能性がでてきます。

転移しやすい箇所は、肋骨、胸椎、骨盤、大腿骨などですが、肺がんの骨転移は体幹部分に加え、肘や膝よりも末梢の部分への転移が見られます。

肺がん,骨転移症状としては、腰や手足の強い痛みと骨の破壊が進むため、骨折をしやすくなります。

例えば、大腿骨の骨折をすると歩けなくなり、寝たきりになってしまう可能性があり、寿命に大きく影響してきます。

骨転移の場合も放射線療法が主に行われますが、最近では薬物治療(分子標的薬)が使用されるようになり、効果がある場合は短期間に新しい骨が作られ修復されることも分かっています。

脳と骨、どちらの転移も患者のQOL(生活の質)を保つことを優先させ、治療を進めることが重要になってきます。
 

スポンサードリンク